最善を求めないこと

今日もイヤな一日だったと、悔いを残して夜を過ごしてはいけません。

人間はだれしも完全ではありません。

神・佛ではありません。

完全をなす力は「人」には無いのです。

貧しさの中にある人に、だれでも同情の言葉はかけられるものです。

暖まって十分な食事をしなさい、と言ってもそれに必要な「カネ」を

与えなくては同情心は「無」です。

「同情するなら金をくれ」というセリフも当然な要求です。

金を出すのも心、金を出さないのも心。

つまり、同情心の真・偽がためされるということです。

言葉は与えるが物は与えない、逆に物は与えても心は与えない――

人の為す善は最善ではなく次善です。

つまり、善は偽善に陥りやすいということです。

しかし、それを放棄してはいけません。

あなたの一日は最善でなく次善で十分だということです。

嘆き悲しまないことです。次善結構です。

偽善で悪の深みにはまるよりマシですから。

Do not ask for the best

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です