無益なことを背負いこむ

知恵ある人は言葉数が少なく、愚か者は知っていることを洗いざらいしゃべりまくる。

言葉数が多いと失敗も多くなる、おかげで無益な心配事を抱え込みます。

心にあるものを口が語るものです。

無益な言葉・不毛な言葉はお互いの不幸を招きます。

とくに、人を汚すコトバを出してはいけません。

口に入るものは人を汚すことはありませんが、口から出るものが人を汚します。

口に入ってくるものはみな腹の中に入り、そして外にでていきます。

しかし、口から出て行くものは、心の中から出てくるもであって、

それが人を汚し無益にします。

まことにコトバは人格です。

知恵ある人は相手のいうことをよくきいてあげます。

愚か者ほど人の言葉に耳をかしません。

無益・不毛・不幸と厄病コトバの連続です。

それがすなわち「自我」で人の言葉で、打ち崩せるものではありません。

とにかく言葉数を少なくしてみる事です。

Carrying useless things

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です